FC2ブログ
Happy Labsで保護した黒ラブ♂ジェスターに明るい未来を!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+++ 2005/12/26 8:27 +++

あさひです。

ジェスターの今後を子供たちが心配して、こんな画像をみなさんに
見てもらいたいと言っています。
もし、処分されるような話がでるのならずっとここで飼いたいといっています。
画像添付します。

※サムネイルをクリックすると大きな画像でご覧になれます。
CIMG0079.jpg

CIMG0082.jpg


最近、ごはんをあげるときの唸りが減って「ジェスター」って
ごはんを食べているときに声をかけると尻尾をふるようになりました。

今朝、長男がごはんをあげるのに挑戦しました。
おすわりしてちゃんと待てもできました。
持っている食べ物を奪うような行動はありません。

今はまだごはんをあげているときは触らないようにしていますが、
そばにいるのは全然大丈夫でした。
ジェスターも我が家に慣れてきて少しづつ受け入れてくれているようです。

昨日、Sさんが訓練士さんにジェスターのことを相談してくださったので
そのときのお話を貼っておきます。
みなさんのご意見お待ちしています。

以下Sさんからのメールです。

**********************

今日、警察犬の訓練所がやっているドッグランに行ってきました。

訓練士さん曰く、食べ物に関することでの噛み癖を治すのは
困難に近いとのことでした。
動物にとって、食べ物は何より大切な物。
執着せねば生きてこられなかったであろう環境にあったと思われる。
そうして、学習してきたものを矯正するのは非常に難しいとのことでした。
本能的に食べ物を確保して守ろうとするのは当然の行為で、子犬期に
誰にも邪魔されずきちんと食べ物をあたえてもらい、教育されれば
こういった行為になることはなかったであろう、と言われました。
1歳未満の子犬なら、治せるかもしれないが、成犬を治そうとは
思わない方がいいのでは?訓練に入れて余計こじれた犬になったり
することもあるそうです。
室内のゴミは全て蓋つきのして、簡単に開かないものにする。
食べ物でガウガウなっても決して叱らず、無視する。
目に余る時は音でビックリさせる。ピーッと鳴る笛なども正気に戻るので
やってみて下さいとの事でした。

ただ、叱られる事で噛むのか、食べ物だけなのか?見極めてくださいとも言われました。




今回が食べ物だけに関するなら、訓練での矯正は出来ないそうです。
彼が生きてくるために、培ってきた行為だから、、。
なんだか、悲しくなってきました。
とっても困る事だけど、食べ物だけなら、トラブル起こさせないようにすれば、いいわけで
こちらが、気をつけてあげるべきだ。ある意味、彼は悪くない、と思ってあげてみてはどうでしょうか?
とのお返事でした。

***********

以上です。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bokin02.blog45.fc2.com/tb.php/18-fd720911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。