Happy Labsで保護した黒ラブ♂ジェスターに明るい未来を!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あさひです。

本日(7月14日)ジェスターは長い訓練期間を経て、我が家に戻ってまいりました。

りゅうママさんが、訓練の様子を撮って下さったので見られるようにさせていただきます。
少々お待ちください。
お付き合い下さったりゅうママさん、本当にありがとうです♪

ジェスターは、体重も32キロに増え、男っぽさもグッと増し、
訓練士さんのいうことだけでなく、十分(といえるか心配ですが)
私のいうこともきちんと聞いてくれます。

訓練所からの帰り道、、、りゅうママとドッグカフェに行きましたが、
わんわん吠えるチワワにも知らん顔、テーブルの飲み物などにも
ほとんど興味を示さず、ジェスターは画像のとおり、じっと
していました!!

りゅうママにもどこを触られても怒らず、お腹を見せていました。
りゅうママが「欲しい~♪」を連発するぐらいとってもいい子でしたよ!

家についてからも、ちっさいエースの遊んで攻撃にも耐え、ガウッとしたことがある
ポポにもガウッとせず、心配していたマーキングもなく、ごみもわざと置いていた物を見つけ
口にくわえましたが、「ちょうだい」といったらくれました。

一通り我が家の探検が終わってからあさひ家犬ご一同とお庭で遊びましたが
覚えてるいるのかお互い特に何もなく、心配していたリクともちょっとにおいを
嗅いだだけでこちらも問題はありませんでした。

夕飯も、お兄ちゃんがあげたのですが、きちんと待つことができ、ハウスも
元々できていましたので一言も鳴かず、「ハウス」で入れました。
相変わらず、興奮気味ですが、特にひどくはありません。

保護当初、触られるのがだめだった足もなんなく触れ、芸も覚えて帰って来ました。
フリスビーは壊すものだと思っていたジェスターが、フリスビーで上手に遊びます。

お散歩も教わったとおりにずっとやってきたので、こちらも特に問題はありません。
私のスピードには合わせてくれるし、アイコンタクトもばっちりです。
可愛いのですぐ離れてしまうかもしれないのが残念ですが、8月第一日曜日までに
このしつけが壊れない様に頑張ります!!

ジェスターは訓練所で狂犬病を5月30日に打っていただき、
2回フィラリアも飲ませていただきました。

ドッグランにて
jes4.jpg

ドッグカフェにて
jes3.jpg

スポンサーサイト
2005年12月16日、城南島センターにいた黒ラブの男の子を保護いたしました。


飼い主がセンターに持ち込んだ子で、食べ物に異常な反応が見られると
あり、どんな反応をするのかはっきりしなかったのですが、保護することに
しました。

ラブ自体、食に対して興奮したり執着する子がたびたびみられますが、ジェスターの心の傷は深く、元々、臆病な面もあり子供に対してもいい感情がなかったように思います。
保護されてから、一日で長距離の移動も手伝ってしまったかもしれません。

今回、このような別枠でご報告するのは、
たくさんの皆さんにご理解頂きたいのと、
そしてこのジェスターの未来が
輝かしいものである事を切に願ってご報告するものです。
どうか長文ではありますが、
最後までおつきあい頂けたら幸いです。

順を追って
ジェスターに携わったメンバーからの報告を
転載致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。